スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(かなり偏った)バルト三国旅行報告~最終回

3回に渡ってお送りしたバルト三国旅行報告ですが、本日のエストニア編で打ち止めです。

エストニアもラトビアと同様、首都のタリンしか観ていませんが、中世ハンザ同盟以来の雰囲気が色濃く残る、良い港町でした。例えるなら小樽でしょうか?

エストニアのソ連からの独立は「歌う革命」とも言われますが、ここがその舞台となった「歌野原」。「歌広場」ではありません。それではカラオケボックスになってしまいます。

ここでは5年に一度、歌の祭典が開催されます。なんと1世紀以上の歴史があり、独立時代はもちらんソ連時代も続いていたというのは驚き。
背中を向けている銅像は、エストニアの有名な愛国歌を作曲した、グスタフ・エルネサクスです。
正面のスタンドは1960(S35)年の完成とのこと。

tal_01.jpg

歌野原から海岸沿いに行くと、「ルサルカの像」が見えます。
1893(M26)年にこの近くで沈没した軍艦「ルサルカ」の慰霊碑です。
タリンには海洋博物館があり、大きく穴が開いて湾曲したルサルカ像の碑文が展示されていました。大戦中の戦闘で破損したとのことで、現在のものは2代目のようです。

ちなみに、時刻表歴史館(本館)で展示中の、1962(S37)年のアエロフロート・ソ連航空時刻表(エストニア版)の表紙にも、大きくその姿が描かれています。

tal_02.jpg

他の2国と同様、エストニアも第一次大戦直後に独立を経験するのですが、これはその記念碑。

tal_03.jpg

ここの街はどこを見ても絵になる風景でした。
記念碑の前の道を進むと、市庁舎前広場に至ります。写真中央、横断幕が見えますが、その後ろの建物は古本屋。掘り出し物を求めて入った戦利品は・・・

tal_04.jpg

1990(H2)年のエストニア周辺鉄道時刻表。(ソ連時代末期のもの。表紙は当時モスクワ~レニングラード間で活躍していたER200電車)

tal_05.jpg

1950年代のビリニュスの観光パンフレット。(ロシア語版)

tal_06.jpg

同様に、カウナスの観光パンフレット。

tal_07.jpg

ソ連時代のものは当時なかなか西側には流出しませんでしたから、やはり現地でならではの紙モノがいろいろありました。しかも、売値は数ユーロ。

さて、お約束の駅めぐり。
タリンの駅は旧市街の城壁の隣にある、無機質な直方体です。当然、ソ連時代の建築。

tal_08.jpg

駅の内部。一国の首都の駅ですが、かなり閑散としていました。

tal_11.jpg

改札はなく、ホームに入り放題ですが、なんとなくくたびれた感というか、寂しさの漂う終着駅です。
ちょうど、タルトゥからとおぼしき電車が到着。
朝にバスで通りかかった時は客車が停まっていましたが、夜行列車は客車で、昼間の国内列車は電車という感じのようです。

tal_09.jpg

駅の隣には蒸気機関車が保存されています。
ソ連時代に貨物列車用として大量生産されたL型蒸気機関車のようで、動輪5軸というのはなかなか迫力があります。
何かいわれがある車両なのかは、説明板も何も見あたらなかったので分かりませんでした。

tal_10.jpg

夜はコンサートホールでエストニア国立交響楽団85周年記念シリーズの演奏会を聴きました。
このコンサートホールは戦前の建築ですが、大戦中に爆撃を受けたのを修復されたりと、激動の歴史をくぐり抜けて今に至っています。

tal_12.jpg

当夜のプログラムは、エストニア出身の世界的指揮者であるネーメ・ヤルヴィによる十八番。
やはりエストニア出身の作曲家で、大戦中にスウェーデンへ亡命したトゥビンの交響曲第5番(1946)と、ソ連の現代作曲家の最高峰・ショスターコービチの交響曲第7番「レニングラード」(1942)。
演奏会の副題に「戦争交響曲」と掲げられていましたが、まさにそのキャッチフレーズにふさわしい2曲です。

tal_13.jpg

ショスタコービチの「レニングラード」は、表向きはナチス・ドイツの猛攻に耐えるソ連軍・ソ連市民の姿を高らかに歌い上げた“プロパガンダ”曲。そんな曲をソ連に対する拒絶反応の高いエストニアで演奏するのはどういうことだろうか?という疑問も沸きますが、実はファシズムだけではなく、人民を迫害するスターリニズムに対する批判もこの曲に込めらているのだということも云われている訳で、そういう視点でみれば至極まっとうな選曲と言えるでしょう。

愛する故郷を捨てたという経験を持つ作曲者と指揮者(ヤルヴィは80年代に西側へ逃れている)の組み合わせで、戦争という極限状態を通して国を愛するということや人間のたくましさを表現するという、希有なコンサートを聴くことが出来たのは幸せなことだったと思います。

旅の最終日、空港へ向かうバスの中から見えたスターリン様式の建物。1959(S34)年と刻まれていました。

tal_14.jpg

そしてタリン空港。
このターミナルはモスクワオリンピック1980(S55)年に向けて完成したもの。オリンピックではタリンでレガッタ競技が行われました。

tal_15.jpg

1936(S11)の開港から75周年ということで、パネル展が行われていました。
これはソ連からの独立闘争時の時のものと思われます。出来てから30年しか経過していない建物ですが、激動の歴史を見つめてきたのですね。

tal_16.jpg

では、先代のターミナルはといえば、駐機場の片隅にまだ残っています。写真中央やや左に見える、灰色の建物がそれです。

tal_17.jpg

ここからフィンランド航空でヘルシンキへ向け、バルト海を横切る30分あまりのフライトに搭乗します。
フィンランド航空のタリン~ヘルシンキ線といえば、大戦中の1940(S15)年6月、ソ連軍による撃墜事件が発生したといういわくつきの路線。外交文書を運んでいたフィンランド航空機は、バルト諸国の軍事封鎖を秘密裏に進めたいソ連による“口封じ”の犠牲になったのでした。

旧ターミナルのアップ。1938(S13)年に着工され、1954(S29)年に完成したとのこと。

tal_18.jpg

これで旅行報告を終えますが、3国とも共産時代を直接思い起こさせるような風景は意外に少ないものでした。独立から20年が過ぎ、各国はすでに元々の民族の手でそれぞれの表情をみせています。逆に、共産時代を経ても、旧市街など史跡がそのまま生き残っているというのも驚きでした。
駆け足で巡ったので、博物館などをじっくりと見学する時間がなかったのは心残り。またいつか再訪したいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ttmuseum

Author:ttmuseum
「20世紀時刻表歴史館」館長。
サラリーマン稼業のかたわら、時刻表を中心とした交通・旅行史関連資料の収集・研究・執筆活動を行う。

<著作>
「集める! 私のコレクション自慢」
(岩波アクティブ新書・共著)

「伝説のエアライン・ポスター・アート」
(イカロス出版・共著)

「時刻表世界史」(社会評論社)

その他、「月刊エアライン」「日本のエアポート」(いずれもイカロス出版)、「男の隠れ家」(朝日新聞出版)などに航空史関係記事を執筆。

<資料提供>
「昭和の鉄道と旅」(AERAムック)
「日本鉄道旅行地図帳」(新潮社)
「ヴィンテージ飛行機の世界」(PHP)
の他、博物館の企画展や書籍・TVなど多数。

「時刻表世界史」で平成20年度・第34回交通図書賞「特別賞」を受賞。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
時刻表歴史館 on Twitter

@tt_museum Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。