スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米軍政下の釜山地方交通局(1945年)

korail194501.jpg

100年以上におよぶ朝鮮半島の鉄道史の前半は、アジア現代史と密接に関わる激動の歩みでした。
日本など外国の資本によって鉄道整備が開始された揺籃期。1910(M43)年の日韓併合以降には、大陸の鉄道との関連から、満鉄によって経営された時期もあります。その後、朝鮮総督府による管理が第二次大戦が終わるまで続くこととなりました。

ここに紹介する時刻表は、大戦の終結を受けて朝鮮半島の南半分にアメリカによる軍政が敷かれた頃のもの。裏の文字が見えそうな薄い紙に印刷された20ページの冊子ですが、業務用ということで旅客列車以外だけではなく、貨物列車等も記載されています。

米軍による軍政時代とはいうものの、鉄道の運行は現地の人々によって行われていたらしく、時刻表の本文はすべて漢字による表記で特に英語は見あたりません。ハングルはというと、裏表紙に記載されている発行所の所在地で唯一、『○○番の×』の「の」に相当する文字が使われています。

korail194502.jpg

中を開くと、京城(ソウル)~釜山間の京釜線(ただし、大田以南のみの掲載)をメインに、釜山周辺の路線のみが掲載されています。
現在は韓国版新幹線・KTXが2時間台で一日に約50往復も運行されるソウル~釜山間には、旅客列車がたった2往復しか走っていません。これはほぼ終戦当時の水準と同様です。一方、貨物列車はというと5往復の運行。どちらかというと、人の移動よりも物流の大動脈として鉄道が重視されていたことが伺えます。

日本人にとって1945(S20)年の朝鮮半島というと、引揚げという言葉がまず浮かぶのではないでしょうか? おそらくはここに掲載された列車の中にも、日本への帰還をめざして命からがら北方から避難してきた人々の姿があったことでしょう。

この後、1946(S21)年に交通局は「運輸局」を経て「運輸部」に改称。1948(S23)年に大韓民国が成立すると、北緯38度以南の鉄道はようやく韓国政府による管理となり、現在は公社によって運営されています。

【おすすめの一冊】
「鉄道ピクトリアル 229号」(鉄道図書刊行会 1969年10月)
 大久保邦彦氏による連載『大韓民国鉄道の現況』を掲載。『韓国鉄道概史』が参考になる。

(サムネイルをクリックすると拡大します)
スポンサーサイト

tag : 韓国国鉄 朝鮮戦争 朝鮮総督府鉄道 アジアの鉄道

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ttmuseum

Author:ttmuseum
「20世紀時刻表歴史館」館長。
サラリーマン稼業のかたわら、時刻表を中心とした交通・旅行史関連資料の収集・研究・執筆活動を行う。

<著作>
「集める! 私のコレクション自慢」
(岩波アクティブ新書・共著)

「伝説のエアライン・ポスター・アート」
(イカロス出版・共著)

「時刻表世界史」(社会評論社)

その他、「月刊エアライン」「日本のエアポート」(いずれもイカロス出版)、「男の隠れ家」(朝日新聞出版)などに航空史関係記事を執筆。

<資料提供>
「昭和の鉄道と旅」(AERAムック)
「日本鉄道旅行地図帳」(新潮社)
「ヴィンテージ飛行機の世界」(PHP)
の他、博物館の企画展や書籍・TVなど多数。

「時刻表世界史」で平成20年度・第34回交通図書賞「特別賞」を受賞。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
時刻表歴史館 on Twitter

@tt_museum Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。