FC2ブログ

還暦を迎えるJAL国内線(1951年)

jl195111_1.jpg

普段、私たちが当たり前のように利用している国内線。
今年はアニバーサリー・イヤーなのをご存知でしょうか?

敗戦をきっかけに占領軍により、航空に関わる様々な活動が禁止された日本ですが、朝鮮戦争など周辺情勢の変化を契機に再び活動が認められるようになります。
これに伴い、いまからちょうど60年前の1951(S26)年10月25日、東京~大阪~福岡間および東京~札幌間で戦後はじめて国内線の運航が開始されました(※)。これはその時(正確には11月1日からの正規ダイヤでの運航開始時)に日本航空が発行した時刻表です。

jl195111_2.jpg

当時のJALは日本の民間企業(特殊法人となったのは翌々年のこと)ながら、航空機の調達や運航はアメリカのノースウエスト航空に委託されていました。
時刻表からは「マーチン・スカイライナー」と「ダグラス・スカイマスター」で運航されていたことが分かりますが、前者はマーチン2-0-2(慣例的にマーチン202と表記される場合が多い)、後者はダグラスDC-4のことです。

当時のJAL機には惑星の名前が付けられていました。中でもマーチン2-0-2「もく星」号は、国内線就航一番機という栄誉を担った機体ながら、大島の三原山に墜落するという悲劇的な最期を遂げたことで知られています。

下に掲載したものは、当時ノースウエスト航空(左)とJAL(右)が発行したマーチン2-0-2のポストカードです。ノースウエストのものは、シアトルのレーニア山があたかも羽田空港から富士山を望んでいるようで、来日したマーチン2-0-2の姿が偲ばれる構図です。

jlnwmartin202.jpg

ところで、国内線が就航を開始した頃は、地上の施設も今とは比べものにならないくらい貧弱なものでした。

下は、当時JALが搭乗者に配布したB5判のチラシです。中には『飛行場の仮事務所にはトイレがありません』などという記述も。
当時の羽田空港は米軍の管理下にある“基地”でしたが、大規模なターミナルビルはまだ存在せず、現在の整備場地区にあった小さな戦前の建物などを使用して業務が行われていました。
抹線が引かれているところをみると、運航開始から間もなくして事務所が出来、こうした不便は解消したようです。

jl195111_3.jpg

一方、サービスについては機内食が出されるなど、むしろ現在よりも充実していた面も見受けられます。当時は運賃が非常に高額だったことから、航空機の利用は富裕層のステータスシンボルであり、それに応じて高い水準のサービスを提供する必要性があったのでしょう。

4都市を結んで始まったJALの国内線は、一時、名古屋や三沢、岩国へも寄港するようになりましたが、全日空(当時は前身の「日本ヘリコプター輸送」)との棲み分けから、1954(S29)年には再び当初の姿に戻ります。
そして、日本の経済的成長とともに便数の拡大や最新機材の導入、また、JALの民営化を契機に就航都市の拡大など、量的・質的な進化を遂げながら現在に至っています。


(※)国内線はもちろん、戦前にも存在しました。日本航空輸送株式会社などが、東京・大阪を中心に日本の主要都市に路線を広げていましたが、戦時色の高まりとともに廃止されてしまいました。


【おすすめの一冊】
「羽田空港」日本のエアポート01 (イカロス出版 2010)
 館長の拙稿『ターミナルビル変遷史』が掲載されています。

(画像をクリックすると拡大します)

tag : 日本航空の歴史 羽田空港の歴史 昭和史

ヴィシー政権下のAIR FRANCE(1941年)

af194101.jpg

エールフランスといえば有名画家によるポスター広告など、さすがは文化の国・フランスのフラッグキャリアだけあって洗練された航空会社という評価が古くからありますが、ここに紹介する同社の時刻表はそんなイメージとは正反対をゆく資料です。

1939(S14)年9月に始まった第二次大戦で、フランスはナチス・ドイツによる侵攻の結果、開戦から一年も経たないうちに国土の北半分はナチスに占領され、南半分には温泉保養地であるヴィシー(Vichy)を首都とするナチス寄りの政権が樹立されました。
この時刻表はそんな時代の1941(S16)年9月に発行されたものです。

かつては極東のインドシナや南米にまで翼を広げていた同社ですが、そんな面影はまったくうかがえず、モノトーンの単調で粗末な時刻表からは、ヴィシー以南の本国とアフリカを結ぶ路線だけが運航されていたことがわかります。それでも、戦時中に運航が続いていたこと自体が奇跡かもしれません。

af194102.jpg

就航地には、あの名画の舞台・モロッコのカサブランカも含まれていました(時代的にもこの時刻表と映画はほぼ同じ)。
このことからも分かるように、北アフリカや西アフリカといった戦前からのフランス植民地は、そのままヴィシー政権に引き継がれています。
これは極東のインドシナ(日本でいう仏印)なども同様でした。その結果、ドイツとともに枢軸側だった日本は、同じく枢軸寄りのヴィシー政権支配下の植民地である仏印へ進駐することが可能となった訳です。

しかし、ナチスに媚びるヴィシー政権がずっと支持されたはずもなく、これら植民地の多くは次々と離反。1942(S17)年に北アフリカが連合軍に侵攻されると、ナチス・ドイツはフランス全土を占領してしまいます。こうして、政権は残ったものの固有の国土を失った国家は、1944年(S19)の連合軍の上陸作戦によるフランス解放によって幕を閉じました。

エールフランスはというと、1942年にフランス全土がナチス・ドイツの支配下に入ったのを契機にフランスのエアラインとしての存在意義を失い、ルフトハンザがその後を継いでいます。
しかし、これによってエールフランスのDNAが途絶えたわけではなく、いわゆる亡命政権である「自由フランス」にもかつての同社の関係者によってエアラインが発足しており、戦後はこちらの流れによって再びエールフランスは甦ることとなりました。

(サムネイルをクリックすると拡大します)

SWISSAIR モスクワ~ニューヨーク乗り継ぎ時刻表(1960年)

sr196001.jpg

1960(S35)年といえば米ソ冷戦真っ最中ですが、その当時にスイス航空が発行した、モスクワ~ニューヨーク間の時刻表です。
すべてロシア語で書かれているのでソ連人に対して発行されたものということになりますが、表紙は星条旗をあしらった摩天楼やネイティブアメリカンの肖像などアメリカ一色。時代を考えると珍品と言えるのではないでしょうか。

sr196002.jpg

スイス航空はチューリヒ~ニューヨーク間の大西洋線を運航していましたが、中立国とはいえモスクワに乗り入れてはいなかったので、この時刻表にはプラハとチューリヒでアエロフロートやチェコ航空と乗り継いでモスクワ~ニューヨーク間を結ぶ時刻が掲載されています。
それにしても当時、モスクワとアメリカを往来するソ連人なんていたのでしょうかね?

ところでこの前年・1959(S34)年9月にはソ連の大物が訪米しています。当時ソ連の最高指導者だったフルシチョフ。この訪米は、表面的には東西両陣営の平和共存という方向性を世界に対して発信する結果をもたらしたことは疑う余地はないでしょう。
ところがその翌年、まさにこの時刻表が発行された前月の5月には皮肉なことに、アメリカの偵察機・U-2がソ連上空で撃墜され、アイゼンハワー大統領の訪ソが吹っ飛んでしまいます。
米ソは首脳会談を重ねる一方で、1961(S36)年のベルリンの壁構築や1962(S37)のキューバ危機といった不安要素を抱えながら共存していました。

ちなみに当時、西側の航空会社でソ連国内向けにロシア語による時刻表を発行したのは、私が知る限り他にはエールフランスの例があります。これも、モスクワ~パリ線とこれに接続する各方面の時刻が掲載されていていました。
なお、アメリカのパンアメリカン航空によってモスクワ~ニューヨーク間に直行定期便が開設されるのは1968(S43)のことです。

(サムネイルをクリックすると拡大します)

日航南米線(1958年)

jalsa01.jpg

JALの南米線というと、1978(S53)年から昨年秋まで運航されていた東京~サンパウロ線を思い浮かべますが、これはそれよりもずっと前の話。

戦後、国際線が再開される機運が高まると、戦前から日本人の移住者が多かった南米への航空路線開設が話題となったのは自然の流れで、JAL以外の新会社までもが名乗りを挙げていました。

JALは日本のフラッグキャリアとして、1954(S29)年2月の太平洋線開設時より南米への乗り入れを計画。しかし、国内外の諸事情により定期運航の開始は叶わず、不定期便を何度か運航するにとどまりました。この不定期便は1954年10月にはじまり、1959(S34)年の第11回まで続いたといいます。

ここに紹介したのはそのオーラスひとつ前、第10回目の案内リーフレット。1958(S33)年4?月の発行です。


jalsa02.jpg

当時の主力機・DC-6Bによる運航。6月8日夜に東京発で、ウェーク島・ホノルル・サンフランシスコ・ニューオリンズ・カラカス・ベレム・リオデジャネイロを経由し、サンパウロに到着するのは6月11日。リーフレットには『皆様を70数時間でサンパウロまで御案内いたします。』なんて書いてありますが、70数時間の航空旅行はチョッと現代では考えられないですね(世界一周線などを除くと当時世界最長)。

この路線、採算や通貨の不安定による為替差損といった問題があり、やはり長続きはしませんでした。
ちなみに当時、戦前からの伝統ある大阪商船の南米航路もまだ健在。「ぶらじる丸」「あるぜんちな丸」などが移住者や本国との往来者を運んでいました。これについてもまた日を改めて紹介したいと思います。

【おすすめの一冊】
「日本航空20年史 1951~1971」(日本航空 1974)
 JALの社史。戦後日本の国際線史をたどる上での基本的文献。

(サムネイルをクリックすると拡大します)
プロフィール

ttmuseum

Author:ttmuseum
「20世紀時刻表歴史館」館長。
サラリーマン稼業のかたわら、時刻表を中心とした交通・旅行史関連資料の収集・研究・執筆活動を行う。

<著作>
「集める! 私のコレクション自慢」(岩波アクティブ新書・共著)

「伝説のエアライン・ポスター・アート」(イカロス出版・共著)

「時刻表世界史」(社会評論社)

「時空旅行 外国エアラインのヴィンテージ時刻表で甦るジャンボ以前の国際線」(イカロス出版)

その他、「月刊エアライン」「日本のエアポート」「航空旅行」(いずれもイカロス出版)、「男の隠れ家」(朝日新聞出版)などに航空史関係記事を執筆。

<資料提供>
・航空から見た戦後昭和史(原書房)
・昭和の鉄道と旅(AERAムック)
・日本鉄道旅行地図帳(新潮社)
・ヴィンテージ飛行機の世界(PHP)
の他、博物館の企画展や書籍・TVなど多数。

「時刻表世界史」で平成20年度・第34回交通図書賞「特別賞」を受賞。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
時刻表歴史館 on Twitter

@tt_museum Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR